人気ブログランキング |

♀ 家飲み一人酒日記

ponkichi08.exblog.jp
ブログトップ

番外編@白内障手術③

手術翌日、朝起きると、視界のもやはかなり薄くなっていました。近くは、本当にくっきり見えます。これまでも、裸眼だと手元は見えていましたが、見え方が全く違う。スマホの文字が3倍くらい濃く見えます。
今まで見えなかった、新聞広告の細かい文字も、つぶさに見えて面白い。針に糸が通る!

ただ、視界の周辺部分に、うっすらと三日月状の影が見えるのが気になる。

また、昨日から思っていたのだけど、目のあたりが腫れている感じがするし、今まで見えなかったシミも無数に見えて、全体的にすごくブスです。


この日は術後の診察の為に通院でした。
夫はゴルフ予定だったので、一人で行くつもりでしたが(ゴーグル、すっぴん、シャンプーしてない髪で!) 運のいいことに大雨でゴルフが中止になり、送ってもらえました。夫の顔のシワやシミもよく見える。


まず眼圧や視力の検査。
裸眼視力は、術前には右が0.2くらい、左は0.1あるかどうかで、矯正視力が両目0.7でしたが、右0.3、左0.5になり、矯正視力は1.2になっていました。
手元に焦点を合わせたレンズなので、裸眼視力は0.1くらいになる、と術前に説明されていましたが、思いのほか良くなってました。
ただ、視力は1ヶ月くらいは安定しないので、この先どう変化するかはわかりません。

検査の後診察。手術した赤星先生の診察は一週間後で、今日はマジシャンみたいな風貌の院長でした。

三日月状の黒い影が見える、と伝えたところ、ネガティブ・ディスフォトジア という症状で、2割くらいの人に見られるが、次第になくなるので「うっちゃっておいてください」とのこと。(実は、ここまでは調べていた。) 引き出しから、眼科学会の論文も出して、光の屈折の加減であることを説明してくれました。
一年後にも残るのは、2パーセントくらいらしい。言われた通りうっちゃっておきます。


夜は早々に爆睡。

日帰り手術の場合、事務仕事なら翌日からできます、などと書いてある病院サイトもあります。やってできないことはないでしょうが、やはり少々無理があると思う。私は健康な方だし、体力も普通以上だと思いますが、視力の変化に身体が順応するのに、結構なエネルギーを使っている気がします。







by ponkichi0803 | 2019-06-17 06:07 | Comments(0)